子ども学習教材比較

進研ゼミなどの通信教材からフリーのネット教材まで種類別に分類しました。教材選びの参考にどうぞ。

●通信添削教材 ●月刊学習誌 ●オンライン学習教材 ●英語教材 ●フリーのネット教材
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
移転しました
家庭教育と受験についてのニュース・新刊本情報
「ニュース&休憩室」は移転しました。
移転先はブログエデュパーク
カテゴリー「ニュース」です。



| park | ニュース&休憩室 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
絶対評価による学校間格差
絶対評価による学校間格差、やっぱり。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040526-00000002-mai-l14
「授業中、居眠りしていても5を取れたよ」
「体育は実技が出来れば、ほぼ全員が5」
横浜市内の県立高校に今春入学した男子生徒(15)は友人と中学校時代の成績の話をしながら、学校によるつけ方の違いの大きさを実感した。 成績評価が全体として甘くなり、学校間のばらつきが目立ち始めたのは、個々の生徒の到達度をみる絶対評価が02年度に導入されてからだ。

絶対評価は個々の生徒に即した評価につながると期待された。
ところが、県教委によると、県内の公立中を今春卒業した生徒の中で「5」を取った割合に、市町村間で最大7倍の格差があった。毎日新聞社の調査でも、横浜市立中145校のうち教科によっては最大45倍の学校間格差が判明している。

栄区のある市立中校では、「5」の割合が4割を超えたそうです。つまり、だいたいクラスの半数は「5」。以前なら「5」は7%だったのですから、大幅な成績のかさ上げになっています。
学力低下という批判をかわすためなのか、入試の調査書を有利にするためなのか、とりあえず親を安心させておこうとしているのか、いずれにしても、昔の基準で自分の子の成績表を見るのは、危険です。
| park | ニュース&休憩室 | 09:32 | comments(2) | trackbacks(2) |
公立学校の指導力不足教員
asahi教育ニュースより
授業をきちんとできなかったり、子どもの意見をまったく聞こうとしなかったりして、都道府県・政令指定都市の教育委員会から「指導力不足」と認定された公立学校教員が、03年度は481人だったことが文部科学省のまとめでわかった。02年度より192人増えた。指導力不足認定の人事管理制度の整備と運用が各地で進んだのが増加の背景にある。

 文科省は、指導力不足の定義について(1)教える内容に誤りが多いなど教科に関する知識や技術が足りない(2)授業で板書するだけで質問を受けないなど指導方法が不適切(3)学級経営や生徒指導で子どもの意見を聞かず対話をしない――といった例を示している。
このうち、少なくとも定義の(1)については、それほどまでの知識不足が採用時点でわからないはずは無いと思うのですが。きちんと採用試験しているのか疑問です。

とりあえず、指導力不足教員から児童生徒を守る良い制度がやっと出来ました。研修後の現場復帰についても、慎重に検討されますことを。
| park | ニュース&休憩室 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Z会マスターコース
うちの息子のところに塾の案内が来た。
「Z会東大マスターコース中学部」
Z会って通信だけじゃなくて教室もあるのね。
たぶん夏期講習のお誘いでしょうけど、遠いし、部活あるし。
第一、うちは東大なんて考えてないし(^^;

今年理靴貌った息子の部活の先輩は、塾なんて全く行っていなかったそうです。
出来る人は出来る。東大はそういう人に行って欲しいわ。
(部活に打ち込みながらも自分でしっかり勉強できるのは、小さいときからの家庭教育のたまものなのでしょうね。)
| park | ニュース&休憩室 | 09:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
小1プロブレム
立川市が新しい試みを始めました。(Yahoo!ニュースより
幼稚園の先生や保育士をはじめとした幼児教育や保育の専門家を、小学校の先生のサポート役として1年生の教室に派遣する試みが、東京都立川市でこの春スタートした。// 複数の先生が授業を行う「チームティーチング」とは異なり、幼いために学校生活になじめなかったり、ルールがまだ理解できなかったりする「小1プロブレム」という状態に陥っている子供たちを「見守り導く」のが最大の役割だ。
◆小1プロブレム=精神的に幼いために学級という集団活動になじめなかったり、学校生活のルールが理解できなかったりすることから、授業中に席を立って歩き回ったり、騒いだりする現象。2000年前後から都市部の小学校の先生の間で、教室の課題として指摘されるようになった。自分の意思で授業を放棄する学級崩壊とは異なり、家庭や地域社会のしつけが不十分な状態で育てられてきたのが原因とされている。
小1プロブレムという新しい名前(状態としても新しいのかな)がつけられていますが、こうしたルール無視でも、放置すれば学級崩壊同様になりかねない。できれば全国的に取り組んでもらいたいものですね。
| park | ニュース&休憩室 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
こども英語教材、海外のしかけ絵本・・・アマゾン洋書通販

学習参考書・受験案内・学習ドリルは・・・エデュパークブックス